tomorrow – 下川みくに

二人で逃げ場所探して走った天気雨の中たとえば何かを 失うとしても守って行かなきゃひとつだけは この世界に生まれたその意味を君と見つけに行こう痛みさえも抱えながら新しい景色迎えに行こう 夕陽にかざした指先オレンジ映したプリズム自分のすべてを許せるくらいに優しくなりたい君のために この世界にあふれる光だけ両手の中集めて暗闇さえも照らし出すよ長く続く道迷わないように この世界に生まれたその意味を君と見つけに行こう痛みさえも抱えながら新しい景色もっと遠くまで迎えに行こう

南風 – 下川みくに

心描き出す地図上の未知なるフロンティア扉開いたら道は続いているよ独り頼りなく背伸びしてみるユートピア夢見るくらいなら構わず探しに行くよ埃巻き上げて 君の街へ空と大地が重なるルートで走る南風に乗って蒼く染まる風を切って心ごと駆けだしているんだ真昼の月を追い越して昨日とは違う世界へどこまでも走り抜けてくあの風のように時が目覚めだす希望に満ちたアイデア詩(うた)に紡いだら飾りも捨てて行くよ光舞い散れば 胸が騒ぐ雲と緑が溶けてくスピードで揺れる後影追って決して二度と逃げないで答えならひとつじゃないさ香る夏の花が咲いてやがて降りそそぐ未来で新しい君の笑顔に出会えますように体伝う汗をふいて渇くのどを潤して迷いさえ振り切って行くんだ走る南風に乗って蒼く染まる風を切って心ごと駆けだしているんだ真昼の月を追い越して昨日とは違う世界へどこまでも走り抜けてく あの風のようにあの風のように…

當你老了 – 趙照

当你老了原诗:叶芝 当你老了 头发白了 睡意昏沉 当你老了 走不动了炉火旁打盹 回忆青春多少人曾爱你青春欢畅的时辰爱慕你的美丽假意或真心只有一个人还爱你虔诚的灵魂爱你苍老的脸上的皱纹当你老了 眼眉低垂灯火昏黄不定风吹过来 你的消息这就是我心里的歌 当你老了 头发白了 睡意昏沉 当你老了 走不动了炉火旁打盹 回忆青春多少人曾爱你青春欢畅的时辰爱慕你的美丽假意或真心只有一个人还爱你虔诚的灵魂爱你苍老的脸上的皱纹当你老了 眼眉低垂灯火昏黄不定风吹过来 你的消息这就是我心里的歌当我老了 我真希望这首歌是唱给你的

Free – Kumpania Algazarra

So let’s open up againAccept the message in the briseWe’re all under constructionLiving our daily fantasiesAnother cycle of SaturnAnother media crashingAnother trick on the stage floorAnother ride on the black hole And we,We were made for much more, made for anything we wantWe were made for heaven not for ruin and made for loveAbove the …

專屬情歌 – 劉辰希

专属情歌 从未见过你 却感觉彼此很熟悉每晚都想唱歌给你听时刻想念你 希望每天黏在一起距离虽遥远心却很近 好喜欢听你声音好喜欢你用心弹的钢琴好像每个音符都透过空气幸福满溢我整颗内心 这样的词汇也许很简单却包含了我所有情感让你时刻感觉我的存在只为了给你安全感 如果命中注定我们在一起请抓住我的手别放弃未来的路也许是一个谜认定了就用心追寻这份纯真的爱来之不易我们一定要好好珍惜等了太久终于确定你就是那个唯一这首专属情歌 只属于你 只属于你

越難越愛 (TVB劇集「使徒行者」片尾曲) – 吳若希

世界上哪裡去找熱望熱似火 不褪落我對你心跳的感覺 高低跌盪最困惑那半秒鐘念在有你的 寬廣的肩膊有勇氣踏前覓幸福 從無回望 再計算也沒一種方法 定論什麼 講對或錯只需知道 別連累你對我失望 無懼世事變改 還是越難越愛 為你所以在期待花開花落至少這一季 被甜蜜蓋過了傷害無負跳入愛海 沉重越來越愛 就算一切沒記載軟弱會再有氣慨 跟處境比賽 在途上就算有些感慨讓我 學會抱緊撐到未來 別讓手放開 最困惑那半秒鐘念在有你的 寬廣的肩膊有勇氣踏前覓幸福 我要與你去看極地曙光 數百個也沒身份資格 定論什麼 阻我理想只需知道 別要讓你對我失望 無懼世事變改 還是越難越愛 為你所以在期待花開花落至少這一季 被甜蜜蓋過了傷害無負跳入愛海 沉重越來越愛 就算一切沒記載軟弱會再有氣慨 跟處境比賽命途沒法割開 和你綑綁 在面對多少意外 世事變改 還是越難越愛 願挺身去保衛愛花開花落至少這一季 被甜蜜蓋過了傷害無負跳入愛海 沉重越來越愛 浪已將眼淚覆蓋軟弱會再有氣慨 跟處境比賽 命途沒法割開懷抱的手 我不想再放開

Movie – Tom Misch

My cheek brushes against hisSmooth on stubble for a momentAnd then it’s goneHe walks along the platforms into the dreamEvery fiber in me wants to shout and scream: StopTo run across to him, take him into my armsTo tell him: I love you! You silly, silly man, I love youBut instead I stand still, heart …

Garnet Moon – 島谷 瞳

Garnet Moon – 島谷ひとみ紅月 – 島谷ひとみ髪にさした紅い薔薇(ばら)は情熱(じょうねつ)の色私を見た貴方まるで熱いマタドールきらびやかに舞い踊れば高鳴(たかな)る胸二度と来(こ)ない刻(とき)の色を染(そ)めるエピソード燃(も)える想い奏(かな)でるギター愛(いと)しさを紡(つむ)ぐでしょう旅人よ 傷(きず)あと痛むのなら 私の胸で眠りなさい慈(いつく)しみながら包んで あなただけ照らすの今宵(こよい)の月のように夢を探すあなたは往(ゆ)く荒野(こうや)の果(は)て夢を見てる私は今、孤独の海黒い靴でステップ踏(ふ)んで悲しみを癒しましょう旅人よ 明日に迷(まよ)う夜は 私の胸に還(かえ)りなさい悲しみ知る程潤(ほどうるお)う 月は今日も輝くひらひら揺れながら燃える想い奏(かな)でるギター愛しさを紡(つむ)ぐでしょう旅人よ 明日に迷う夜は 私の胸に還(かえ)りなさい悲しみ知る程潤(ほどうるお)う 月は今日も輝くひらひら揺(ゆ)れながら旅人よ 傷あと痛むのなら 私の胸で眠りなさい慈(いつく)しみながら包んで あなただけ照らすの今宵の月のように